新潟の駅名標

新潟県内のJR駅に今も残る
旧国鉄時代に作られた駅名標を集めてみました。

これが国鉄型。
そう!あのぶっといヤツです。
国鉄時代のものがそのまま使われています。
JR上越線小千谷駅
これはJRになってから取り付けられたものです。

平成17年6月27日更新
  羽生田駅、米山駅、小千谷駅、越後堀之内駅、
北堀之内駅、弥彦駅、姫川駅を追加しました。


信越本線(新潟ー妙高高原)

上 越 線(宮内ー土樽)

羽越本線(新津−府屋)

越後線(新潟ー柏崎)・弥彦線(東三条ー弥彦)

大糸線(糸魚川ー平岩)


 昔は全国にあったこの駅名標も,斬新なデザインへと進化しています。 そのなかでも新潟県内の鉄道では、駅名標に決まったデザイン存在せず, 国鉄型のまま残っていることが多いのです。文字体といい書き方といい、 駅名標から伝わってくる、懐かしさ、田舎っぽさが私は大好きです。

 しかし2005年、新潟県内は市町村合併ラッシュ。 「駅名標」は、地名の書き換えと老朽化を理由に、最近特に多くかけかえられるようになりました。
 郷愁を漂わせ,ゆっくりとした時間の流れを演出してきた 国鉄型駅名標は、今、生存の危機なのです。

 そこで、このコーナーでは 新潟県内に残る国鉄型駅名標を集めてみました。

「夢鉄道トキいろ本線」  トップへ




広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー