電車特急「とき」復活2001
平成13年10月14日 鉄道の日 上越線全通75周年記念
信越本線・上越線
  (新潟ー上野)

<特急とき号の歴史>

 とき号は、上越新幹線がまだ走っていなかった時代、 新潟から上野までを4時間かけて結んだ特急列車です。

 まだディーゼル車が一般的だった中、 東海道線に次ぐ全国で2番目の 電車特急として華々しくデビューしました。

 急行佐渡と同じく、その歴史は、新潟・群馬県境での 豪雪との闘いの歴史でした。 雪国新潟と東京を結ぶという使命を持った特急とき号は、 県の鳥「佐渡のトキ」と同じように県民最も愛されました。

 21世紀最初の年、上越線開通から75年が経つのを記念し、 新潟―上野間に特急とき号が戻ってきました。







   

特急とき号のヘッドマーク。
トキのイラストの背景には、新潟県の自然を表す緑色が使われた。

平成13年10月13日(土)
上越線 越後湯沢駅にて


越後湯沢駅にも「とき 新潟」という名前が 久々に戻ってきました。
    




特急とき号とついに対面。

183系電車のクリーム色の車体にマークがよくにあっています。
行き先表示板。子供のときのワクワクがよみがえってきます。



 とき号は20分ほど停車ののち再び新潟へ向けて出発! 越後湯沢駅の駅名標とのショット。 懐かしさを誘っていい感じですね。



平成13年10月13日(土)・14日(日)
埼玉県熊谷市にて


快晴の関東平野を走る特急とき号。
高校生の友達が撮った作品です。

特急とき号新潟行  高崎線 熊谷付近にて





コスモスの中をゆく特急とき号。
同じく高校生の友達が撮った作品です。

特急とき号新潟行  高崎線 熊谷付近にて
 
また戻ってきてね。
僕も友達の高校生も、初めて出会ったとき号の旅は、これで終わりました。

特急とき号上野行  秩父鉄道 上熊谷駅にて



「夢鉄道トキいろ本線」  トップへ


広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー