165系急行「佐渡」ラストラン2003
平成15年6月21日・22日 165系電車引退記念
信越本線・上越線
  (新潟ー上野)


 平成15年6月22日(日)の新潟駅。



多くの人が「急行佐渡」に会いにやってきました。

165系急行形電車の引退を記念した急行佐渡の復活運転。

新潟を走る165系急行佐渡号最後の姿です。

平成15年6月21日(土)

JR上越線 岩原スキー場前ー越後中里間にて
 ※<急行佐渡号とは>
 佐渡号は、上越新幹線がまだ走っていなかった時代、 上野から群馬県を通り、長いトンネルをくぐって魚野川を渡り、越後平野を駆け抜けて 新潟までを、5時間かけて結んだ急行電車です。
 165系電車を利用した急行としては、佐渡号が全国で2番目でした。


    

ここが鉄道ファンに人気の「岩原の大カーブ」
(上越線 岩原スキー場前ー越後中里間の電車内から)
    


いったん越後湯沢に行きレンタサイクルで岩原スキー場前駅に やってきました。昔は日本一長い駅名でした。
さあ、佐渡号に会うためにいよいよ大カーブへ!


「きた!」
165系の急行佐渡号と初対面。


あっという間に通過。




早苗の田んぼの中を・・・

急いで自転車に乗って越後湯沢へ。
越後湯沢駅で、急行佐渡号は20分間停車。

越 後 湯 沢 駅
<急行佐渡人気のひみつ@>

・日本の高度成長を支えた165系車両
 165系車両は、山岳路線用に作られた急行専用車両で、 昭和の高度経済成長期に誕生。「みかん」をもとにデザインされた オレンジと緑の色合いから 「湘南カラー」や「かぼちゃ電車」などと呼ばれ、親しまれました。
 新潟では、急行佐渡や普通列車として上越線・信越線を中心に 大活躍。165系急行形電車は、新潟の鉄道の発展に 欠かせない存在だったのです。




行き先表示板。
「佐渡」の列車名板は当時と同じ物。


急行佐渡。ヘッドマークが大きくてカッコイイイですね。



かつての親友特急「はくたか」と並ぶ。
はくたかは、佐渡が走っていた頃、 上野と金沢を、佐渡と同じ上越線を通って運転していた。


この写真、部屋に飾ってあります。
 


越後湯沢からの旅立ち。
国鉄式の駅名看板とのショットは懐かしい。


越後湯沢駅前の記念碑。
急行「佐渡」の文字も刻まれています。
 


急行佐渡の復活運転を知らせるポスター。


正面の山並みが上越国境(上州と越後)。
鉄道と雪の壮絶な闘いが繰り広げられました。
長   岡   駅
<急行佐渡人気のひみつA>

・豪雪と闘って走る姿
 急行佐渡号の人気は、その走る姿にあります。 群馬・新潟県境では、急勾配そして豪雪と闘いでした。 雪をかいてもかいても、落ちてくる、そこを疾走しする姿が、 多くの人の胸を打ちました。

・山を越えて谷を渡る沿線の風景
信濃川、谷川岳、赤城山、都市の町並みと駆け抜ける、 変化に富んだ風景はまさにドラマチック。 途中、上越国境(群馬・新潟県境)に立ちはだかる清水〈しみず〉トンネルは 、あの川端康成の小説「雪国」に登場した「トンネルを抜けると そこは雪国だった。」・・・のトンネルです。開通当時は日本一の 長さを誇っていました。
    



長岡駅でも発見。
信州の英雄急行アルプスも復活します。


急行佐渡を出迎える長岡駅の言葉。
「待っていたよ」という気持ちを感じます。









平成15年6月22日(日)
友達の家に泊めてもらい、急行佐渡を追う2日目が始まります。

新   潟   駅



<急行佐渡人気のひみつB>

・集団就職などで新潟から東京へ出た人々の思い出の列車
 今回の復活運転で若い頃を思い出された方も、 多かったことでしょう。急行佐渡を利用したのは、 高度成長期の日本を支えた人々、つまり 今20代の子どもを持つお父さんお母さんの世代から、 6,70代あたりまでのみなさんでした。 急行は、特急よりも値段が安く、庶民的で気軽に乗れる列車として 多くの人が利用し、その分たくさんの思い出も運びました。






電光掲示にも、いよいよ「佐渡」「上野」の文字が。


新潟駅でも急行「佐渡」を大歓迎。


号車入口案内札。165系急行佐渡は今日で最後。 佐渡という列車名も今日で最後かもしれない。


9時51分、ものすごい人!
いよいよ上野行急行「佐渡」が入ってきた。


新潟地区の普通列車と並ぶ。


家族づれ、おじいちゃんと孫、鉄道ファン・・・
佐渡号の花道を見送る人たち。


望遠で。


SLばんえつ物語号と顔合わせ。
165系急行佐渡のラストランをこれから見送る。


ヘッドマークをつけて走るのも今日が最後。


ホームでは佐渡のコーナーも。
そして、9時11分。ついに新潟駅を出発。
165系急行佐渡のラストランが スタートした。
JR上越線 浦佐ー五日町間にて




初夏の魚野川です。
新幹線で先回りし、急行佐渡を見送ります。





 最後に見た急行佐渡号。田んぼの中をものすごいスピードで疾走していきました。



新潟の鉄道を支えた列車がまた1つ、姿を消しました。
長い間走りつづけ、愛された急行佐渡号。
たくさんの思い出をありがとう。

「夢鉄道トキいろ本線」  トップへ


広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー